施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システム一覧 » らくらく現場

らくらく現場

らくらく現場は、スマホで使える施工管理システムです。勤怠の打刻から報告書の作成・送信、図面の共有などがすべて手元のスマホでできる便利な製品。そんならくらく現場の特徴、機能や導入事例についてご紹介します。

目次

らくらく現場の特徴

誰でも使える操作性

らくらく現場は、とにかく誰でも使いやすいように設計されているのが特徴です。そのユーザーインターフェイスは、スマホアプリの感覚で使えるもの。大きな文字の日本語で書かれている画面なので、年配の職人さんでも抵抗なく使ってもらえます。職長、作業員、協力会社、それぞれがスマホから簡単に日報を入力し、送信できるのもポイント。更に、その日報から月報を自動で作成できるという優れもの。報告業務を効率化できるシステムで、誰にでも使いやすく設計されているのは嬉しいですね。

スケジュールや勤怠管理も簡単に

スマホを使って勤怠の打刻ができるらくらく現場。GPS機能を使って打刻するので、現場にタイムカードがあるような感覚で打刻できます。もちろん協力会社の作業員も含めた勤怠管理ができ、工数計算にも役立ちます。

また作業のスケジュールについても、現場ごと、あるいは作業員ごとに作成することができます。これに関連して、銃器や工具、機材の空き状況も簡単に表示させることができ、人員や機材の配置に手間がかからなくなります。施工管理・労務管理が効率よくできるようになり、コスト削減も実現してくれる製品となっています。

なお、当サイトではらくらく現場の他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

らくらく現場の主な機能

らくらく現場の操作イメージ

引用元:アイ・ティ・エル株式会社公式HP
https://www.itl-net.com/jirei/jireirakuraku-genba/

らくらく現場の機能をもっと詳しく

ヒヤリハット報告

らくらく現場の機能1引用元:らくらく現場公式HP
https://rakuraku-genba.jp/service/

安全衛生管理ツールです。作業員がこれまでにヒヤリとした場面を報告することで、分析が可能。報告しやすい層阿世に加え、ヒヤリハットは関係者にメール送信されることから、確認やコメントが可能です。

安全運転見守り

らくらく現場の機能2引用元:らくらく現場公式HP
https://rakuraku-genba.jp/service/

安全運転の管理業務を助ける機能です。車両番号や点呼の時刻、点呼方法やアルコール検知の情報を入力することでの報告。報告を受けての確認など、リアルタイムで可能です。

サイネージ機能

らくらく現場の機能2引用元:らくらく現場公式HP
https://rakuraku-genba.jp/service/

現場の稼働状況を把握できる機能です。報告が登録されるとWebサイネージに即座に反応されることから、稼働状況や入局している人数を事務所からリアルタイムで確認できます。人員が予定通り確保できているのかなど、把握できる点が多々あります。

自社に合った施工管理システムを見つけよう

当サイトではらくらく現場の他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

など、自社の課題に合った製品を選ぶことが重要。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

らくらく現場のサポート体制

らくらく現場の導入は、初期登録をサポートしてくれます。スムーズな運用開始のために、担当者へ利用方法のレクチャーもしてくれます。必要があれば、社員を対象にしたセミナーを実施してくれるので、らくらく現場を使う社員にセミナーで利用方法を理解してもらうとよいでしょう。

また導入後については、サポートスタッフが専用チャットで対応してくれます。わからないことがあれば話しかけてみましょう。またメールや電話での専門スタッフへの相談も可能です。

らくらく現場の導入事例・口コミ

らくらく現場の導入事例・口コミは公式サイトに記載がありませんでした。

らくらく現場の費用・実績

まとめ

らくらく現場は、とにかく簡単に誰でも使える施工管理システムを導入したい企業にお勧めです。基本的に操作はスマホで行うので、年代を問わず親しみがあるシステムとなっています。大きな文字や日本語を使ったシステム設計になっているので、年配の職人さんでも抵抗なく使うことができます。職人さんに活用してもらってこそ活きるのが施工管理システムですが、使いやすさの面ではらくらく現場は優れた製品だと言えるでしょう。

当サイトではらくらく現場の他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。自社に合った製品を見つけたい方はぜひ参考にしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選

らくらく現場の運営会社情報

※2023年4月1日の吸収合併にともない、2023年7月時点で「アイ・ティ・エル株式会社」の会社情報が確認できなくなっております。「らくらく現場」の問い合わせは「アドワー株式会社」で受け付けているようです。