施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムで解決できる建設業の課題 » ペーパーレス化の推進

ペーパーレス化の推進

目次

施工管理システムは、ペーパーレス化の促進効果も期待できます。それまで紙で行っていたことが、システム上のデータにて運用可能となることから紙が不要になります。

ペーパーレス化がもたらすもの

施工管理システムの導入は、建設現場のペーパーレス化を促進します。それまで紙で行っていたことがデータとして保管されることで、紙を不要にします。そこで得られるメリットは多々あります。

コスト削減

まずは紙が不要になることから、それまで紙にかけていたコストが削減できます。紙の仕入れだけではなく、保管におけるコスト削減が可能な点もポイント。特に大きな組織ともなれば、帳票や図面、写真も増えることから、保管にも考慮しなければなりません。

保管場所として倉庫・書庫を用意しなければならないケースも珍しくありませんが、データとして保存できることから、保管場所を用意する必要もありません。

データ化による共有と検索

それまで紙で保管されていたものが、データ化されることで誰もが簡単に確認できるようになります。紙で保管されていたものは、当然「紙がある場所」まで出向かなければ確認できませんでした。

そのため、大量の図面を現場まで運んでいくことは非常に手間がかかっていましたがデータ化に伴うペーパーレス化によって、場所を問わずに確認が可能になります。現場からスマートフォンで確認することもできます。

また、データとして保管されていることから、現場で検索をかけて該当のデータをすぐに見つけて、確認することもできます。

業務効率化

ペーパーレス化により、様々なものがデータとして保管されることで業務効率化が実現します。例えばその日の報告書作成です。

これまでであれば作成した報告書作成するために、現場作業の終了後に事務所や会社まで足を運ぶ手間がありました。

しかしシステムであればデータとして送信するだけでよいので、わざわざ事務所や本社に戻る必要がありません。このように、これまで手間をかけていた部分がペーパーレス化によって効率化されます。

ペーパーレス化の注意点とは?

ペーパーレス化には多くのメリットがある一方で、注意すべき点もあります。それはセキュリティです。データとして運用することで得られるメリットが多い一方で、データが漏れてしまっては会社としての信用問題に発展しかねません

自社だけの情報であればまだしも、取引先の情報まで漏洩してしまうようでは信用性の低下を招くことから、セキュリティの高い施工管理システムを選ぶ必要があります。

まとめ

ペーパーレス化を推進し、現場監督者の負担を軽減する施工管理システム。しかし自社にあったシステムを導入することは簡単ではありません。

そこでこのサイトでは、80製品以上の施工管理システムを調査。システムの選び方をご紹介していますので、自社にあったシステムを見つける際の参考になさってください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選