施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムにはどんな機能がある? » 工程管理機能

工程管理機能

施工管理技能者がおこなう業務として、工程管理が挙げられます。 スケジュールだけでなく、品質や原価に関わる大切な業務であり、適切な工程管理とおこなうことで、費用を抑えながら効率よく工事を進める事が可能です。このページでは、施工管理システムの工程管理機能について解説しています。

工程管理の目的

工程管理とは、工事が納期に間に合うよう、機械や資材・労働力など、施工に関わるさまざまな要素を効率的に運用するためにおこないます。効率的な生産を目指し、作業の手順や日程を決めて進捗状況を管理し、施工工程を常に適切状態に保つことが目的です。

具体的な目的として、まずは納期厳守が挙げられます。工事の上で最要な、納期までに工事を完了させるという目標に向けて、正確なスケジュールの作成や管理をおこなうことで、効率的に工事を進めることが可能です。

また、品質確保の面でも工程管理は重要となります。余裕を持って工事をおこなうことでミスを未然に防ぎ、結果として高品質の状態で工事を終えることができます。 さらに、商品の発注から納品までのリードタイムを短縮し、生産性の向上を目指すことやコストダウンも見込めるでしょう。

工程管理の手順

工程管理の手順として、オーソドックスではありますがPDCAサイクルに従っておこなうのが良いでしょう。

工程管理の手段

エクセル

エクセルによる工程管理は、手軽で始めやすい手段と言えます。エクセルには数式や関数を使用することができ、自動で入力される機能もついていることから、効率的に工程管理の作業をすることが可能です。

注意点としては、人の手で作成する必要があることから、入力ミスや数式の間違いなどが懸念されます。その他にも、エクセルにはファイルを共有することで誰でも閲覧することができることから、情報が漏れる危険性や人為的ミスも考えられるため、注意が必要です。

次に、紙による管理です。少人数で工程を管理したり、ホワイトボードで工程表を管理したりする方法が挙げられます。紙で管理する場合は、手軽に加筆修正できることから、従業員が少ない企業が工程管理をおこなう場合や、短期の製造に対しての工程表に向いているでしょう。

デメリットとしては、大規模のプロジェクトになると、工程が複雑になる場合や計算が難しくなる場合があります。また、複数人が関わる場合では、工程表の情報の共有が困難になるため、不向きと言えるでしょう。

システム導入

最後に、システムを導入し、工程管理システムをIoTシステムで管理する方法が挙げられます。人の手によって工程表を管理するのではなく、システム上で管理することで、一つのツールで的確に管理することができます。また、プロジェクト全体の工程内容や進捗状況だけでなく、全体の収支を確認することができるため、社内全体で活用できるツールです。

工程管理システムが搭載された施工管理システムを導入することで、様々な管理が容易になり、企業全体としての作業効率化が期待できるでしょう。

まとめ

以上のように、工程管理は効率的に作業を進め、生産性の高い工事にするためには必要不可欠だということがわかりました。また、工程管理はPDCAサイクルに従っておこなうことが重要です。工程表の管理の方法には、エクセル・紙・システム導入と3つの種類がありますが、それぞれメリット・デメリットがあります。システム導入は、どの規模での企業でも効果的に活用できることが予想されますので、しっかりと工程管理をおこなう場合は施工管理システムを導入しましょう。

このサイトでは、工程管理をはじめ、様々な機能が網羅された施工管理システムを紹介しています。建設業務に関わる仕事を少しでも効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選