施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムで解決できる建設業の課題 » 人手・人材不足

人手・人材不足

目次

建設業界の慢性的な問題である、人材・人手不足。この状況を打開するためには、何らかの対策を打つ必要があります。このページでは、建設業界の人材・人手不足の原因や、人手不足による影響、そして人材・人手不足の状況を打開するための方法について解説しています。

建設業界の人手不足の原因

労働環境が厳しい

建設業が人手不足になる原因として、少子高齢化による働く人の減少も挙げられますが、不規則な勤務時間・長時間労働の割に賃金が低い点も、建設業に人が集まらない原因の一つとされています。そして、休みが少なく、有給が取りづらいなどといった理由も敬遠される理由の一つと言えるでしょう。

これらの労働環境が要因となり、離職率が高い傾向にあることから、建設業の人材不足が加速しているといった現状があります。

社会的イメージが悪い

建設業は、現代でも3Kと呼ばれる「きつい」「汚い」「危険」のイメージが根強く残っている業種です。加えて、前述したような「給料が少ない」「厳しい」「帰れない」といった新たな3Kまで加わり、若者が敬遠する業種となっています。

建設業は、鉄道や道路などのインフラ整備や住宅・ビルなどの建設に携わる、なくてはならない存在です。しかし、建設業界に対しての悪いイメージが根強く残ることから、人材不足が続いているのが現状と言えるでしょう。

デジタル化への遅れ

建設業は未だアナログ経営をおこなっている企業が多く存在します。経済産業省が発表したDXレポートによると、建設業界はDXはおろか、デジタイゼーションすら進んでいない企業が多数あるとのことです。

参照元:【PDF】経済産業省 DXレポート2 中間取りまとめ(https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201228004/20201228004-3.pdf)

DXは、デジタルトランスフォーメーションの略であり、すなわちデジタル技術を導入し効率化を図るなど、今よりもより良いものへと変革する取り組みのことを差します。デジタル化へ推移することにより、時間を創出することに繋がり、結果的に人手不足対策になると言えるでしょう。

人手・人材不足による影響

少子高齢化に伴い、建設業を含む多くの業界や業種で人手不足が起こっていますが、国内の建設投資額は年々増加傾向にあり、建設業界の需要が高まっているのがわかります。今後は大阪万博やリニア新幹線の工事、観光施設の新設やリニューアルなどが控えています(2023年7月時点)。このまま人材不足の状態が続くと、供給である人材が確保できないといった事態が考えられます。

また、建設需要が高まっているにもかかわらず、職人の高齢化に加え、若者の敬遠により今後ますます人手不足は深刻な問題になると言えるでしょう。少子高齢化の問題は、人材不足になるだけではありません。高齢化による福祉施設の建設や福祉施設のリフォームが必要になり、さらなる需要増加が見込まれることから、人材不足への対策は一刻も早く手を打っておくべき課題です。

施工管理システムを導入するとどうなる?

勤務環境を改善できる

現場監督は現場での作業だけではありません。事務所に戻ってからも現場の写真の整理や報告書の作成をしたり、次の現場の工程表の作成や業者への工事の発注をしたりなど、さまざまな業務が残されています。

そんな、施工管理施工者の負担を削減できるのが施工管理システムです。導入することにより、工数の削減に繋がり、結果的に勤務環境を改善することに繋がるでしょう。勤務環境が改善されることで、建設業へのイメージが変わり、新たな人材を手に入れることができるようになる可能性も見込まれます。

業務の効率化ができる

施工管理システムでは、現場で撮った写真をその場で登録したり、現場の情報や進捗状況などを共有したりできることから、管理部門と現場の連携を図ることができます。

また、データ上で管理されますので、リアルタイムでの情報共有が可能になります。図面や書類の紛失や発注漏れなどがすぐにわかるようになるため、タイムロスを削減することや業務の効率化にも繋がるでしょう。そして、業務の効率化により、少ない人数でも業務を回せるようになると、結果的に人件費の削減にも効果的と言えます。

まとめ

以上のことから、需要とは相反して建設業からの供給が追いついていない現状がわかりました。どうしても大変な仕事というイメージがついてしまう建設業ですが、わたしたちの生活に必要不可欠な、未来を担う大切な存在であることは間違いありません。人手不足が加速する中、現場の業務を少しでも効率化していくことは重要となります

このサイトでは、建設業の人手・人材不足を解決できる施工管理システムを紹介しています。社員と会社、お互いが喜べるクリーンな働き方を実現したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選