施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムの基礎知識 » 費用相場

費用相場

施工管理システムを導入する上で気になるのは、導入費用や運営費用。さまざまなシステムを検討する中で、異なる料金形態を持っていることから、なかなか比較検討がしづらい部分があります。ここでは、施工管理システムの費用相場について紹介しています。

当サイトでは建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。

80製品以上から選りすぐりのものを紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

施工管理システムの費用相場は?

施工管理システムを検討する中で、システムの値段が細かく異なっていることから、費用面での比較が難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。多くの施工管理システムは月額費用がかかるタイプのプランとなっていますが、初期費用の有無やオプション費用・カスタマイズ費用など、料金形態は多種多様です。

月額費用や初期費用が無料もしくは安価な場合、利用できる機能や人数・データ容量に制限があり、オプションによって追加購入せざるを得ないものなどがあります。中には、年間契約をした方がお得になるプランもあるため、相対的な費用を踏まえて検討しましょう。

施工管理システムの初期費用・月額費用・オプション費用・カスタマイズ費用といった4つの費用の相場については、以下のようになります。ぜひ、施工管理システムを検討する際の目安として活用してください。

導入にかかる費用 ・初期費用

導入にかかる費用や初期費用は実にさまざまだと言えます。細かい料金形態はクラウド版・オンプレミス版で異なりますが、初期費用の相場は30,000〜100,000円(税不明)程度です。また、中にはシステムの基本ウェア料金のみを必要とする場合や、ライセンス料を必要としないものがありますが、サポートが必要な場合は別途他社からのサポートを依頼する必要があります。初期費用でもさまざまな違いがあるため、他の費用面とも併せて検討してみてください。

月額費用

月額費用は、主にクラウド版に見られる費用形態です。オンプレミス版では買い切り型が多いことから、あまり見ない料金形態でしょう。費用としては無料のシステムもあり、有料版では1,650~40,000円前後(税不明)とかなり幅は広いと言えます。

しかし、月額費用が安い場合はユーザー人数や機能に制限がある場合があり、データの容量が小さいなど実際に使うと不便な点が多い場合があります。結果的にオプション費用で高くついてしまうこともありますので、相対的に検討するようにしましょう。

オプション費用

施工管理システムの中には、システムの基本操作を教えてもらうことのできるものや、オリジナルの帳簿作成・既存のシステムからデータを移行するなど、さまざまなオプションサービスに対応しているものがあります。ユーザー追加や容量追加、外部システムとの連携などでもオプション費用が必要になる場合もあるでしょう。

オプション費用は30,000~100,000円(税不明)と幅広く設定されていますので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

カスタマイズ費用

一部の施工管理システムでは、自社の既存システムに合わせてカスタマイズをしたい場合や、自社独自の仕様にするためのカスタマイズもおこなっています。こちらの費用相場については、システムを取り扱っている会社によって費用が異なるため、気になる場合は実際に問い合わせることをおすすめします。

また、カスタマイズしたシステムのバージョンアップなどのカスタマイズにも対応している場合がありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

まとめ

施工管理システムの導入費用・初期費用や月額費用・オプション費用やカスタマイズ費用などの相場をまとめました。システムによって料金形態は非常に異なります。無料で利用できるシステムの中には、オプション料金で高額となるケースも考えられます。必要としている機能やサービス・操作性などと照らし合わせて、相対的に費用を判断すると良いでしょう。

このサイトでは、おすすめの施工管理システムを目的別に紹介しています。建設業務に関わる仕事を少しでも効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選