施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システム一覧 » NICSジャパン

NICSジャパン

NICSジャパンの機能や費用を紹介しています。導入事例、サポートなど気になる部分まで網羅していますので、施工管理システムや業務効率化を考えている方・会社は是非ご覧ください。

目次

NICSジャパンの特徴

Excelに似た直感的なインターフェイス

ワンストップで建設業の課題解決に向けて提案をしているNICSジャパン。クラウドによるシステムは、使い慣れたExcelに似たインターフェイスなのでマニュアルがなくても直感的に使えます。

また実行予算・原価管理から支払い明細まで、重複入力を排除することでミスを減少させ業務の効率化を図ります。クラウドでどこからでもアクセスできるため、データベースを介して現場情報がシームレスに本社と連携されます。

現場のリアルタイムを可視化

クラウドでどこからでもアクセスできるため、データベースを介して現場情報がシームレスに本社と連携されます。そのため今まで見えなかった別部署の数値が見えることになり、原価意識や工程管理の重要性が全社的に理解できます。

各部署のリアルタイムをお互いに可視化することで、全員にプロジェクトマネージメント思考が身に付きます。

NICSジャパンの主な機能

MIYABI

e-番割

なお、当サイトではNICSジャパンの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

NICSジャパンの操作イメージ

引用元:YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=KHiJm7GVJlY

NICSジャパンの機能をもっと詳しく

フォーマットを統一して直感的に操作

MIYABIの機能1 引用元:NICSジャパン公式HP
http://www.nics-j.co.jp/

操作感やフォーマットがExcelのように統一されているので、直感的に扱うことができます。統括表で工種を選択すれば内訳表、一位代価表、二位代価表とリンクして簡単に予算書が作成できます。

また社内全員同一フォーマットの指定箇所に入力するので、全員が同一基準によって評価・判断が可能です。

簡単に注文書を発行管理できる

MIYABIの機能2 引用元:NICSジャパン公式HP
http://www.nics-j.co.jp/

MIYABIでは予算書を作成し、工事部長、社長が承認すれば注文書発行部署にデータが送られ、書類レスで注文書発行依頼ができます。手間や時間が削減できるだけでなく、注文書の一覧表により発行済み・未発行がひと目で確認でき、重複発行などのミスも削減できます。

e-番割の機能をもっと詳しく

ホワイトボードを電子化したタッチパネル式の番割表

e-番割の機能1 引用元:NICSジャパン公式HP
http://www.nics-j.co.jp/

e-番割はタッチパネル式の番割表です。マグネットを貼り付ける感覚で作業予定を作成でき、その場で現場、本社内、遠隔地の支社などで情報を共有することができます。

常に目に触れる環境で情報を発信できるため、本人がメールやグループウェアなどを閲覧するためにアクションを取る必要がありません。そのため周知徹底も素早く行えます。

各デバイスからクラウドにアクセス可能

e-番割の機能2 引用元:NICSジャパン公式HP
http://www.nics-j.co.jp/

クラウド上に専用のデータベースを配置するので、タッチパネルモニターや通常のモニター、PC(Windows10以上)、スマートフォン(iPhone、Android)の各デバイスからアクセスし、自由に操作することができます。

従来はホワイトボードで行っていた番割を電子化し、操作したらすぐに全員が閲覧することが可能に。クラウド上のデータベースに記録も残ります。

KUROJIKAの拡張機能として使用すれば、日報の入力も不要です。

自社に合った施工管理システムを見つけよう

当サイトではNICSジャパンの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

など、自社の課題に合った製品を選ぶことが重要。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

NICSジャパンのサポート体制

導入前の相談から、課題解決のための提案、導入後のサポートまで行っています。電話、メール、WEB会議でも対応しています。

NICSジャパンの導入事例・口コミ

担当者が変わっても問題なし

支払管理業務の担当者が代わっても、間違いのないデータが、期日までに作成できるようになった。

管理業務が激減

毎月の原価報告が、簡単になりました。請求書の金額を入力するだけで、自動的に仕分けしてくれ、原価報告書も自動作成。楽になりました。何よりも2度入力がなくなり、入力ミスが激減したことと、報告書作成までが、入力するだけで済むようになり、必要帳票を打ち出すだけ。管理業務が激減しました。

NICSジャパンの費用・実績

MIYABI

公式HPに記載がありませんでした。

e-番割

公式HPに記載がありませんでした。

まとめ

NICSジャパンのシステムは、クラウドでどこからでもどの端末からでも自由に操作ができ、全員が素早く情報共有できます。直感的なインターフェイスで扱いやすく、ミスや業務量も削減されるシステムです。導入しやすいシステムといえるでしょう。

当サイトではNICSジャパンの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。自社に合った製品を見つけたい方はぜひ参考にしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選

NICSジャパンの運営会社情報

会社名 ニックスジャパン株式会社
所在地 東京都台東区寿1-10-1 ワタナベビル
営業時間 公式HPに記載なし
電話番号 03−5830−3570
公式サイトURL http://www.nics-j.co.jp/