施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムの基礎知識 » 施工管理(工事管理)システムとは?

施工管理(工事管理)システムとは?

目次

施工管理システムは多々登場しています。建設現場の業務効率化をもたらすものとして注目度も高いですが、そもそも施工管理システムとは何ができるのか。何をするものなのかといった基本的な点がまだまだよく分からない方も多いようです。そこで「施工管理システムとは」基本的な点から解説していきましょう。

当サイトでは建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。

80製品以上から選りすぐりのものを紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

施工管理システムとは?

施工管理システムとは、施工管理業務をシステム化したものです。施工管理は、実際に体を動かす現場作業だけではありません。帳票の作成、報告業務や図面の用意、写真撮影など、多くの業務が待っています。これらの業務をシステムにて管理することで、業務の効率化をもたらすものです。

様々な業界において働き方の見直しが進んでいます。建設業界も例外ではなく、進化したIT・Web技術を積極的に導入することで業界全体で業務効率化が促進されています。特に建設業界は他の業界と比較してシステム化が遅れていると叫ばれていましたが、施工管理システムにより、他の業界同様に業務効率化が進むようになりました。

一方で、施工管理システムも多数登場しています。施工管理システムによって搭載されている機能が異なることから、施工管理システムの導入は、「導入するか・しないか」だけではなく、どの施工管理システムを導入するのかまで考慮しなければなりません

施工管理システムでできること

ペーパーレス化の推進

施工管理システムを導入することで、それまで紙で行っていたことがデータで行えるようになることから、ペーパーレス化が推進されます。帳票、図面、報告書、写真など、それまで紙で取り扱っていたものをすべてデータとして取り扱います。紙が不要になる点や保管場所が不要になる点からのコストカットももたらします。

管理の一元化と情報共有

施工管理システムを導入することで、上でお伝えしたように、多くが「データ」となります。システム上に保管されることで、管理の一元化や情報共有が簡素になります。例えば現場から帳票を確認することも可能です。

施工管理システムを導入していない場合、帳票を確認するためには事務所など、帳票が保管されている場所まで足を運ばなければなりませんでした。しかし施工管理システムであればデータとして保存されていますので、インターネット環境に接続できる端末があればどこからでも確認できます

例えば事務所から現場にある図面を確認する場合、施工管理システムがなければ現場まで足を運ぶ必要がありました。しかし施工管理システムを導入すると、図面もデータとして施工管理システムに保管されていることから、事務所から確認可能です。特定の場所に足を運ばなくとも、誰もが簡単に確認できる環境が構築されます。

検索が容易

繰り返しになりますが、施工管理システムにはそれまで紙で作成・保管していたものがすべてデータとなります。そのため、図面の検索も簡単になります。紙の場合、保管されている場所まで足を運び、その中から該当の書類を探す必要がありました。

書類の量が増えれば増えるほど、探すことも難しくなりますし、探すことを考えた整理整頓・管理が求められます。

しかし施工管理システムであれば、データとして保管されていることから日付や語句等から検索をかけるだけで探している図面を見つけることが可能。施工管理システムであれば保管されている膨大な量の書類から時間をかけて該当の書類を探す必要はありません。

コミュニケーションツールとしての活用

施工管理システムの中には、システム内にチャットを行える物もあります。連絡だけであれば電話やメールがあれば可能ではあります。

しかし施工管理システムのコミュニケーションは、データである写真画像や帳票を交えてのコミュニケーションが可能です。つまり、より密で的確なコミュニケーションを簡易的に行えます

施工管理システムの導入にあたって覚えておくべき点

システムのタイプ

施工管理システムには、クラウドタイプとオンプレミスタイプの2種類が存在します。

クラウドタイプはWeb上のシステムで、オンプレミスタイプの場合、自社にてサーバーを用意する必要があります。初期費用や導入までの速度であればクラウドシステム、より自社にマッチした、自社だけのシステムをと考えているのであればオンプレミスタイプがマッチしています。

費用

施工管理システムは多々登場しているとお伝えしましたが、それぞれ費用が異なります。無料のものから初期費用だけが必要なもの、月額制のものなど多種多様です。

自社との親和性

施工管理システムによって特徴や機能が異なります。そのため、自社にマッチしているのかまで考慮しなければなりません。たとえどれだけ評判の良い施工管理システムではあっても、自社の求める機能が搭載されていなければ得られるメリットは半減してしまいます。自社が何を必要としているのか。その機能を強みとしている施工管理システムを選ぶことで、目的達成や課題克服が実現します。

まとめ

さまざまな施工管理(工事管理)システムが発売されていることもあり、自社にあったシステムを導入することは簡単ではありません。

そこでこのサイトでは施工管理(工事管理)システムを80製品以上調査。システムの選び方やおすすめのシステムをご紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選