施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システム一覧 » BeingProject-CCPM

BeingProject-CCPM

施工管理を行える「BeingProject-CCPM」について、使用できるOSやデバイス、特徴・機能・サポート体制などを紹介します。

BeingProject-CCPMの特徴

CCPMに沿った工程管理

BeingProject-CCPMは株式会社ビーイングの提供する工程管理型マネジメントシステムで、パソコンのWindows11や10に対応しているソフトです。
そもそも「CCPM(クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント)」とは、プロジェクトに関する予算やスケジュールを最適化し、バッファを設けて管理ができるようにします。
このCCPMを軸に、BeingProject-CCPMには工程を効率化できるさまざまな機能が搭載されています。

ODSCを設定してイメージを明確化

「ODSC」は「Objectives(目的)」「Deriverables(成果物)」「Success Criteria(成功基準)」の頭文字を組み合わせた言葉で、BeingProject-CCPMではこれらの内容を全員で議論し、目標をすり合わせて達成イメージを明確にできるよう機能として盛り込まれています。「財務」「顧客」「業務プロセス」「経営理念」「社会貢献」「成長と育成」といった異なる6つの視点から、多角的に考えることができます。

BeingProject-CCPMの主な機能

なお、当サイトではBeingProject-CCPMの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

BeingProject-CCPMの操作イメージ

引用元:ビーイング公式HP
https://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

BeingProject-CCPMの機能をもっと詳しく

バックワードスケジューリング

BeingProjectの機能1 引用元:ビーイング公式HP
https://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

バックワードスケジューリングは工程をスケジューリングする方法の1種で、最終的な目標や納期を基準に作業日数を決めていくものです。BeingProject-CCPMではこの方法を取り入れ、プランナーで目的達成のための必要条件をネットワーク図にて作成し、ボタン1つで工程表を自動的に組めるようになっています。
成果から工程を考え終えたあと、時系列に沿って検証しながら確認できるという特徴があります。

バッファマネジメント

BeingProjectの機能1 引用元:ビーイング公式HP
https://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

バッファとはプロジェクトを計画した際に設定する、ゆとり期間です。
施工は天候の変化に左右されることがあり、その工程の中でアクシデントの可能性もゼロであるとも言い切れません。
そのため予め工程にバッファを組み込んでおくことで天候の変化やアクシデントにも余裕を持って対応できるようになります。

日数管理

BeingProjectの機能1 引用元:ビーイング公式HP
https://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

進捗管理がパーセンテージではなく日数で管理され、残っている日にちが3色の変化で表示されることから施工の進み具合いや遅れを視覚的に確認することができます。
また、作業に遅れが出てくると予め設定してあるバッファを消費するような仕組みになっています。

情報共有システム連携

BeingProjectの機能1 引用元:ビーイング公式HP
https://www.beingcorp.co.jp/product/bp-ccpm/

BeingProject-CCPMと同じ株式会社ビーイングの提供するASP型工事情報共有システム「BeingCollaboration」との連携が可能です。工程表も関係者の間でフレキシブルに共有できるのが特徴です。

自社に合った施工管理システムを見つけよう

当サイトではBeingProject-CCPMの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

など、自社の課題に合った製品を選ぶことが重要。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

BeingProject-CCPMのサポート体制

BeingProject-CCPMを始め、株式会社ビーイングの製品に関してリモートサポートが行われています。ネット経由にて遠隔操作を行いトラブルに対処してもらうことができます。
製品の購入前にも専用電話で質問を受け付けており、購入後に利用できるサポート専門のコールセンターも用意されています。
また、わからないことはFAQを参考にできるほか、問い合わせフォームも利用可能です。

BeingProject-CCPMの導入事例・口コミ

(導入事例・口コミは見当たりませんでした)

BeingProject-CCPMの費用・実績

(費用・実績は見当たりませんでした)

まとめ

BeingProject-CCPMのように、施工現場で避けては通れない想定外の出来事にも対応できるよう、予め余裕を持たせることが結局は効率化につながります。余裕の設定により急なスケジュール調整などに余計な時間を取られることもありません。また、そのような突然の変更による危険なリスクも避けることができます。
当サイトではBeingProject-CCPMの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。
自社に合った製品を見つけたい方はぜひ参考にしてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選

アイピアの運営会社情報

会社名 株式会社ビーイング
所在地 三重県津市桜橋 1丁目312番地
営業時間 (記載なし)
電話番号 059(227)2932
公式サイトURL https://www.beingcorp.co.jp/