施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムにはどんな機能がある? » 図面管理機能

図面管理機能

目次

図面管理機能は、施工管理システムによって搭載されている機能や特徴が異なります。ここでは多くの施工管理システムに搭載されている図目管理機能をご紹介しましょう。

図面管理機能

建設業で使用される図面を管理する機能です。施工管理システムには図面管理機能も搭載されており、それまで紙で管理していた図面をデータとして管理することで、管理の効率化をもたらします。

一元管理機能

施工管理システムによる一元管理によって、「どこに保管したのか」で迷うことがなくなります。データとしてシステムに保管されることから、いつでも確認したい図面データを閲覧・確認できます。また、紙での保管とは異なり保管場所を設ける必要がなく、他のデータと共に一元管理が可能です。

関連資料の紐付け機能

保管している図面と関連資料を紐付けることで、該当の画像が「いつ使用されたのか」「どの現場で使用されたものなのか」を把握しやすくする機能です。紐付けとなることから、図面からではなく現場・作業の資料から図面にアクセスすることで、効率的な図面・現場の把握を実現します。

検索機能

図面を検索する機能です。紙での保管の場合、図面が多くなればなるほど該当図面を探すことが難しくなりますが、施工管理システムの場合、データなので検索したいワードや日付等から検索可能です。

図面管理機能のメリット

情報の一元化

図面管理機能によって情報が一元化されます。紙の図面で管理している場合、どこでどのように管理するかはそれぞれ異なります。そのため、管理者が異なるケースもあります。また、誰もが気軽に閲覧できる状態ではないことから、スタッフ全員が図面を正しく把握することも難しいのですが、図面管理機能を活用することで図面情報を一元化。

誰もが気軽に図面を確認できる環境となります。

資産活用

図面が増えれば増えるほど、自社にとっての「資産」となります。これまで何をしたのかを簡単に確認できます。図面から自社がこれまで多く取り組んだ現場を把握することで、自社の強みを理解できます。

また、図面はその後の教材としても活用できるものなので、新しいスタッフに見てもらうことで、自社の特性を理解してもらえます。

共有・検索が簡単に行える事から、これまで手掛けた図面を教育用資産として活用できる点も図目管理機能のメリットです。紙の図面の場合、そもそも持ちだすことができないケースも多いことから、教育用としての活用が難しいのです。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選