施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムにはどんな機能がある? » 写真管理機能

写真管理機能

目次

施工管理システムには、写真管理機能が搭載されているものが多いです。細かい機能・特徴はそれぞれ異なりますが、多くの施工管理システムに搭載されている写真管理機能についてご紹介します。

写真管理機能とは

写真管理機能とは、写真を管理する機能です。建設業では現場の写真を撮影する機会が多いです。その写真をデータとして管理するものです。写真もまた管理が難しく、かつ保管場所も用意しなければなりません。

写真が増えれば増えるほど、管理負担も大きなものとなりますが、施工管理システムに搭載されている写真管理機能であれば、写真をデータとして保管・管理することから、管理負担を軽減。さらに、利便性を高める機能が多々搭載されています。

一元管理・共有

撮影した写真はデータとしてシステム上で保管されることになるため、システムにアクセスできる人間での共有が簡単です。会社ではなく現場からでもスマートフォンで確認するなど、共有することで現場の利便性を向上させます。また、一見管理となるので図面や帳票等との一元管理も可能です。

紐付け機能

撮影した写真を現場の他のデータと紐付けすることで、「どの現場で撮影したものか」を把握するだけではなく、確認が容易になります。紐付けしたデータから写真を確認することもできるため、いつどこで撮影されたのかや、他のデータから「どんな現場だったのか」を確認できるなど、紙の写真で保管している時にはできない機能が活用できます。

検索機能

写真がデータとして保管されることから、検索が容易です。撮影日時や場所、時間等から検索をかけることで、例えば「あの現場で撮影した写真を確認したい」「初期状態との違いを確認したい」など、写真の確認を容易にします。

写真管理機能のメリット

施工管理システムに搭載されている写真管理機能は、クラウドタイプであればスマートフォンからでも確認が可能なことから、現場で急に写真を確認しなければならなくなった時にすぐに確認できます。

また、データとして保存することから、保管場所が不要です。撮影した写真の検索が可能なことから、現場だけではなく、事務作業など、いつでも確認できる点がメリットです。

写真管理機能のデメリット

写真管理機能を含め、施工管理システムを使いこなす必要があります。どの施工管理システムも簡素なものではありますが、中にはシステムを使いこなすことが難しいと感じる人もいるかもしれません。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選