施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムにはどんな機能がある? » 原価管理機能

原価管理機能

原価管理は、企業の利益を確保し、現場のリスクを抑える目的でおこなわれます。原価管理を怠ってしまうと、トラブルの原因となり、最悪の場合は企業が衰退してしまう恐れがあります。このページでは、原価管理について、目的や手段などを説明していますので、ぜひ参考にしてください。

原価管理の目的

原価管理では、商品やサービスを提供するために必要な原価を計算し、原価を基準として価格の設定を行うことでコストの改善を目指します。

具体的な目的として、無駄なコストの削減と利益の確保が挙げられます。原価の構成内容を把握することで無駄なコストが洗い出され、コストの抑制をおこなって利益の確保が可能です。

また、赤字・黒字が分かれるボーダーラインである、損益分岐点の把握をすることができます。損益分岐点を把握することで、原価に応じた利益額を見込むことができ、経営をしていく上での判断がスムーズになるでしょう。

原価管理の手順

原価管理の流れとして、大きく4つに分けられます。

原価管理の手段

エクセル

原価管理をおこなう手段として、まずはエクセルが挙げられます。エクセルで管理する場合は、毎回工事台帳を作成する必要や、経費の計算を細かくおこなう必要があります。また、内容の更新を手入力でおこなう必要があることから、ミスが発生する可能性があり、集計にも時間がかかってしまうのが欠点です。

その他にも、エクセルに入力する作業が完了するまで情報が更新されないことから、リアルタイムで最新の情報を得ることが難しいでしょう。

システムの導入

原価管理システムの導入をおこなうことで、エクセルのデータを取り込むことができる他、クラウドに情報が管理されているので、常に新しい情報を得ることができます。

また、手入力によるミスを防ぐことができるので、効率的な業務を実現することができるでしょう。システムを導入する際は、以下の点にも注意しながら導入することをおすすめします。

導入する目的を明確にする

原価管理システムを検討する際は、まず導入目的を明確にしておきましょう。赤字の工事現場をゼロにする・業務の効率化など、さまざまな目的に応じた工事原価管理システムがあります。

そのため、工事原価管理システムを導入する目的をはっきりさせておきましょう。

一元管理機能があるかどうか

原価管理を別々におこなっていると、どうしてもエクセルのファイルや手書きによる資料がバラバラになってしまいます。会社全体での状況把握のためにクラウドシステムを導入することで、原価管理に関する資料をまとめておくことが可能です。

また、インターネットを活用したシステムなので、外出先でもいつでも管理することができます。

サーバーの型をどちらにするか

工事原価管理システムにはサーバーが使用されており、それぞれクラウド型・オンプレミス型の2種類に分かれています。

クラウド型はインターネット上のサーバーを利用し、ハードの保守やメンテナンスが不要になります。また、オンラインに対応していますが、外部からの攻撃の可能性もあり、セキュリティ面が弱いと言えるでしょう。

一方、オンプレミス型は、社内のサーバーを使用していることから、セキュリティに強いといった特徴があります。しかし、社内に設置するハードを扱うことから、サーバーの管理や保守を自社でおこなわなくてはいけません。

サーバーにはそれぞれメリット・デメリットがあります。クラウド型の中には、プライベートクラウドというセキュリティを強化したものもありますので、自社に合ったサーバーの型を選択しましょう。

導入時のサポート体制があるかどうか

今までITを導入してこなかった企業では、突然のITツールに戸惑う社員もいると思います。

せっかく業務の効率化で導入したツールが、逆に足を引っ張ってしまっては本末転倒です。工事原価システムを検討する際は、導入時のサポート体制が整っているかどうかもチェックしましょう。

まとめ

原価管理は、企業の利益を確保して、現場のリスクを抑える目的でおこなわれることがわかりました。一つ一つ丁寧に細かく計算して管理する必要がある原価管理ですが、工事の度に工事台帳を作成するのはかなりの負担です。

工事原価管理システムを導入することで、面倒だった原価管理の計算や入力作業が軽減されるでしょう。また、クラウドを通じて社員であればいつでも・どこでも・誰でも閲覧することができるため、大変便利なツールです。導入する際は、さまざまな観点から比較検討し、自社にぴったりのシステムを導入するようにしましょう。

このサイトでは、原価管理をはじめ、様々な機能が網羅された施工管理システムを紹介しています。建設業務に関わる仕事を少しでも効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選