施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システム一覧 » LIXIL現場情報共有システム

LIXIL現場情報共有システム

LIXIL現場情報共有システムは、協力業者との情報共有に役立つシステムです。協力業者のスケジュールや進捗状況の報告も簡単にできるので、施工管理システムとしても業務効率向上に役立ってくれます。そんなLIXIL現場情報共有システムについて、その特徴や導入事例をまとめてみました。

目次

LIXIL現場情報共有システムの特徴

図面・工程表の配布がラクになる

工事の図面や工程表は、自社スタッフだけでなく協力業者にも配布しなければなりません。協力業者それぞれに図面や工程表を配布するのは手間がかかり、事務作業の負担になります。最新版が行きわたらずに版の食い違いが起こることも。

LIXIL現場情報共有システムなら、図面や工程表をクラウドにアップロードするだけでOK。協力業者と共有できる上に、どの業者が図面や工程表をチェックしたかも確認できます。

現場訪問の回数が減る

LIXIL現場情報共有システムを導入した場合、協力業者がそれぞれ担当している工事の状況を写真で報告することができます。社員は事務所でその写真での報告を確認すればよく、現場へ足を運んで確認する回数を減らすことができます。報告する業者も、スマホアプリで簡単に写真を送信でき、報告にかかる時間を圧縮することができます。

またこの機能を使えば、事務所にいながら複数の現場の進捗を把握できます。事務所、協力業者とも状況がわかりやすいので予定や段取りを立てやすくなるというメリットがあります。

なお、当サイトではLIXIL現場情報共有システムの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

LIXIL現場情報共有システムの主な機能

LIXIL現場情報共有システムの操作イメージ

引用元:株式会社 LIXIL公式HP
https://ssl.gltomonokai.com/tool/information_sharing/

LIXIL現場情報共有システムの機能をもっと詳しく

スケジュール確認

LIXIL現場情報共有システムの機能1引用元:LIXIL現場情報共有システム公式HP
https://ssl.gltomonokai.com/tool/information_sharing/

協力業者別のスケジュールを一覧表にて確認できることから、現在何をしているのかを確認するだけではなく、今後の予定まで把握できるため、今後の工事の予定の調整が行いやすいです。空いている業者を見つけて、次の現場をお願いするといったことも可能です。

リアルタイム通知

LIXIL現場情報共有システムの機能2引用元:LIXIL現場情報共有システム公式HP
https://ssl.gltomonokai.com/tool/information_sharing/

チャット機能が搭載されていることから、リアルタイムでのコミュニケーションが可能です。現場で問題が発生した際のトラブルの連絡や工事の納まり確認など手待ち時間の解消が期待できる機能です。

現場情報共有

LIXIL現場情報共有システムの機能2引用元:LIXIL現場情報共有システム公式HP
https://ssl.gltomonokai.com/tool/information_sharing/

営業、設計、工務、業務、経理など、社内の部署で情報共有が可能です。もちろん現場の情報を把握できることから、問い合わせや確認の手間が軽減されることで、業務効率化をもたらします。

自社に合った施工管理システムを見つけよう

当サイトではLIXIL現場情報共有システムの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

など、自社の課題に合った製品を選ぶことが重要。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

LIXIL現場情報共有システムのサポート体制

LIXIL現場情報共有システムの導入に際しては、準備説明やマスター入力のサポートを事務所へ来て行ってくれます。設定が終わり運用するにあたっては、自社と協力会社向けにそれぞれ訪問研修をしてくれます。また導入後も活用サポートとして、利用状況アンケート、活用に向けての課題の整理と解決策の提案、活用状況の確認などをしてくれます。そのほか、操作方法などでわからないことがあれば電話での質問が可能です。

LIXIL現場情報共有システムの導入事例・口コミ

図面の共有設定が簡単で作業時間が短縮されました!

それまでも、図面配布に他社システムを活用していましたが、現場毎のコード設定に手間がかかったり、業者の共有設定の細かな変更やロック設定は、管理会社でやってもらっていたが、現場情報共有システムは、工程ごとの業者共有設定が簡単にでき、作業時間が大幅に削減できました。

今までは、共有されていなかった図面は設計課に頼まないと入手できなかったが、図面の出力が簡単にできるようになりました。

業者さんが多くなった時こそ役に立つ

業者さんが多くなり、図面や工程の連絡に手間がかかっていましたので、何か良いものはないかと探していたところ、LIXILさんから“LIXIL現場情報共有システム”の紹介を受けました。管理サイトに図面を登録するだけで指定した業者さん全員に共有できるのは画期的と思いました。

また、引渡し後はすでに使っていた24Hコールセンター”LIXILコールサービス”にボタン一つで移行して保管ができ手間がかからない点も良く、さらに月額1万円~という料金の安さも決め手でした。

LIXIL現場情報共有システムの費用・実績

※いずれも税不明

まとめ

LIXIL現場情報共有システムは、協力会社に施工を依頼することの多い建設会社に導入をお勧めしたいシステムです。協力会社との図面や工程表の共有は手間と労力がかかるものですが、本来は手間をかけなくてもいい作業のはず。LIXIL現場情報共有システムを使えば、簡単に教諭ができます。また協力業者も書類の確認が容易で、どの立場でも使いやすいシステムであることは間違いありません。業務の効率化のために、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトではLIXIL現場情報共有システムの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。自社に合った製品を見つけたい方はぜひ参考にしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選

LIXIL現場情報共有システムの運営会社情報

会社名 株式会社 LIXIL
所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号大崎ガーデンタワー24F
営業時間 記載なし
電話番号 記載なし
公式サイトURL https://www.lixil.co.jp/