施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムの基礎知識 » 国土交通省が推進する「e施工管理」とは

国土交通省が推進する「e施工管理」とは

国土交通省が推進している、e施工管理をご存知でしょうか。e施工管理は、ITを活用した新たな施工管理であり、業務の効率化を図るために推進されています。このページでは、e施工管理についてまとめています。

当サイトでは建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。

80製品以上から選りすぐりのものを紹介していますのでぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

e施工管理とは

e施工管理とは、施工管理の高度化や効率化を図るために、ITを活用した新しい施工管理のことを指します。建設業では、現存の施工管理体制は非効率的とされており、人材の減少や高齢化に相反する建設需要に伴い、業務過多となっているのが現状です。そして、建設業界で重要となる情報共有が難しいといった側面もありましたが、ITを活用することで解決できるとされています。

中小企業におけるIT活用はまだまだ発展途上ではありますが、パソコンやシステムサービスなどが比較的安価になってきていることから、導入しやすい環境は整ってきていると言えます。

e施工管理のメリット

e施工管理のメリットとして、関係者間での情報共有が容易になることによる、チームワークやコミュニケーションの向上が挙げられます。また、建設生産が高度になることから、コストの削減や工事品質・顧客満足度の向上にも繋がるでしょう。施工管理システムによって、文書の管理が楽になることや現場からでも情報の入力が可能になることから、作業の効率化に繋がります。

更に、情報がリアルタイムで共有できることから、情報伝達や意思決定のスピードアップも期待できるでしょう。e施工管理を導入することで、様々な課題を解決することができるかもしれません。

e施工管理の導入ステップ

e施工管理を導入するステップとして、まずは社員のITリテラシーを高めることが重要となります。そのために、社内にパソコンを導入して文書や図面などの作成を電子化するなど、少しずつ業務をIT化していきましょう。

次に、現場・本社・工事関係者の情報共有が可能となる状況を作り出します。社内に蓄積されている施工経験や技術ノウハウ等の知識を、情報共有の基盤に乗せて共有することにより、施工管理の緊密化を図ることができるでしょう。本社で構築されている会計などの経営情報システムと紐付けすることで、経営資源を有効活用することも可能です。

以上のような手順を踏まえて、徐々にITツールの活用を浸透させていきます。

e施工管理の導入手順

e施工管理の実施手順として、まずはITの導入目的を全社員に表明するなど、IT化促進体制の構築をおこないます。次に、施工管理の運用体制の整備をおこない、「情報管理計画」の策定をしましょう。ここでは、管理する情報の特定やソフトウェア・ハードウェアの選定、運用ルールの設定や評価基準の設定をします。

そして、情報管理計画の通りに、サーバーやコンピュータなどの情報基盤を整備し、運用設営会をおこないます。e施工管理の目的や効果・運用ルールや操作方法などを全社員に周知したら、いよいよe施工管理の実践です。

このように、しっかりと運用目的やルールなどを選定し、社員に周知させてe施工管理を導入することで、スムーズに運用することができるでしょう。

まとめ

e施工管理は、国土交通省が推進する施工管理体制のIT化を指すことがわかりました。e施工管理により、様々な業務の生産性があがるのであれば、導入しない理由は見当たりません。社員の協力なしでの成功は難しいため、スムーズな運用をするためにもしっかりと手順を踏み、無理なくシステムを使いこなせるような体制を整えていきましょう。

このサイトでは、e施工管理を促進できるおすすめの施工管理システムを目的別に紹介しています。建設業務に関わる仕事を少しでも効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

参照元:【PDF】国土交通省 ITを活用した現場の生産高度化について ~「e施工管理」のすすめ~(https://www.mlit.go.jp/common/000004977.pdf)

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選