施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システム一覧 » ibot S

ibot S

ibot Sは管理システムですが、足場に特化したものです。そのため、足場の管理で悩んでいる方におすすめのシステムとなっています。このページでは機能や費用、サポート体制といった特徴をまとめていますのでご覧ください。

目次

ibot Sの特徴

足場に特化した業務管理システム

ibot Sは業務管理システムではありますが、足場に特化したシステムとなっています。現場を支える職人や事務も、足場ならではの専門的な知識・経験が求められていますが、結果、業界に於いて属人化が顕著となってしまっている部分でもあります。

そこで誰もが気軽に、かつ効率よく足場業務管理を行えるように生まれたのがibot Sです。ホワイトボードやエクセルなどのデータを一元管理するクラウドシステムなので、インターネット環境さえあれば気軽に利用可能です。

ペーパレスを目指して

ibot Sはペーパレスを目指したシステムです。現場に必要な書類や写真、図面、さらには契約書や請求書など、足場の世界はまだまだ紙が多く飛び交う世界です。しかし、紙だからこそ面倒な点があるのも事実です。

ibot Sは、データ化することで検索も容易になり、確認や送付に時間がかかっていた部分も簡略化するなど、業界全体の業務効率化を考えているシステムです。

なお、当サイトではibot Sの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

施工管理システムを導入する際は自社の課題に合った製品を選ぶことが重要です。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

ibot Sの主な機能

ibot Sの操作イメージ

引用元: 株式会社立花工業公式HP
https://tachibana-kougyou.com/system

ibot Sの機能をもっと詳しく

情報共有

ibot Sの機能1 引用元:ibot S公式HP
https://tachibana-kougyou.com/system

現場と事務所が情報を共有できるよう、指示の変更や図面・写真をすぐに変更。現場からの入力や閲覧には制限をかけることもできることから、外部・内部で別々に管理するのではなく、共通の管理体制で効率の良い環境を構築します。

電子契約機能

外部API連携することで、それまで双方の捺印が必要だった契約書が、電子契約となります。電子契約であれば電子納品にも対応しており、面倒な契約業務がより効率化することになります。

予定表

現場ごとに配置する職人や資材、車両やドライバーを管理します。また、作業員のシフトも作成できるので、現場に人が足りているのかを直感的に把握。工事を順調に進められるのか、人が足りていないのかを社内で共有できます。

自社に合った施工管理システムを見つけよう

当サイトではibot Sの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。

など、自社の課題に合った製品を選ぶことが重要。
このサイトでは80製品以上から選りすぐりのものを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

【自社の課題で選ぶ】
おすすめの
施工管理
システム3選

ibot Sのサポート体制

サポート体制に関する記述は公式サイトにありませんでした。

ibot Sの導入事例・口コミ

導入実例や口コミの記載は公式サイトにありませんでした。

ibot Sの費用・実績

まとめ

ibot Sは足場に特化した管理システムとなっていますので、大前提として足場を取り扱う会社におすすめのシステムです。足場に関する業務の効率化をと考えている会社であれば、ニーズを満たす機能が多々搭載されています。また、それまで複数の人間で行っていたことも、一人での作業を可能にするものもありますので、人手不足で悩んでいる会社にもおすすめです。

当サイトではibot Sの他にも、建設業務を効率化できる施工管理システムを紹介しています。自社に合った製品を見つけたい方はぜひ参考にしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選

ibot Sの運営会社情報

会社名株式会社立花工業
所在地東京都八王子市川口町779-35
営業時間公式サイトに記載なし
電話番号042-659-1560
公式サイトURLhttps://tachibana-kougyou.com/