施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムで解決できる建設業の課題 » 不明瞭会計・どんぶり勘定

不明瞭会計・どんぶり勘定

目次

工事の単価を決定することなく工事を進めることや資材の売買に価格の比較をすることなく発注をするなど、どんぶり勘定の場面が多く見受けられる建設業界。どんぶり勘定は建設業の経営をぐらつかせる原因にもなります。このページでは、不明瞭会計の原因や不明瞭会計による影響、そして不明瞭会計を防ぐためにやるべきことなどを解説しています。

建設業界でどんぶり勘定がはびこっている原因

どんぶり勘定がメリットだと考えている

建設業は資金繰りが難しい業界とされており、工事代金の入金に時間がかかると言われており、支払いの遅延や管理がずさんになってしまうどんぶり勘定が起こります。また、どんぶり勘定は会計作業が簡素化される他、作業の時間が短く済むため、メリットだと考えている企業が多く存在しています。どんぶり勘定がメリットだという考えは業界全体に広まっているとも言え、古い考え方を持つ経営者の企業ほどその傾向は強いでしょう。

ですが、大きなお金が動くこともある建設業。収支が曖昧になってしまったり、支払いに無駄が生じたりするケースもあるため、しっかりと収支を管理することが大切です。

スピード重視の業界

建設業は正確性よりもスピードを重視する傾向があり、結果として、お金に関するやりとりがおろそかになってしまうケースがあります。建設業ではどんぶり勘定の企業が多く存在しており、契約や取引などをおこなう企業もまた、どんぶり勘定である可能性があるでしょう。

万が一お金に関するトラブルが生じた場合、経営に悪影響が生じたり、将来的な融資に響いたりする可能性があります。厳密に収支を計算し、しっかりとお金の管理をすることで、会社の経営を安定させることが大切です。

決算主義を重視

建設業では、古くより品質・工期・計画予算といった決算主義が重要視されてきた傾向があります。これは、お金やコストにこだわらず、新技術や高品質・工期厳守・予算厳格消化といった考え方で工事を進めていたということです。決算主義を重視した風潮とバブル期の建設業への追い風も相まって、結果としてどんぶり勘定を引き起こしてしまったと言えます。

また、建設業では、特殊なキャッシュフローが原因でどんぶり勘定が生じたという部分もあるでしょう。

不明瞭会計・どんぶり勘定による影響

どんぶり勘定による影響は、料金の未払いや二重払いなどを引き起こします。結果として経営の悪化や会社への不信感を募らせる原因となることでしょう。また、請求書のチェックが甘くなることから、締め日と請求額の確認がおろそかになり、二重払いになってしまったケースもあります。

どんぶり勘定は経営の状態に向き合わず、不安定な橋を渡っているような状態です。今までは良くても、今後資金繰りがうまくいかなくなり、乗り越えられなかった場合は倒産へ一気に転がってしまいます。そのため、危機感を持って収支計算をおこなうなど、お金の管理をしっかりすることで、キャッシュフローや利益の改善が見られるはずです。

また、お金の流れをきちんと管理することで、安定した利益を確保することができたり、儲けのための利益追求の道が見えてきたりと、経営に関して良い風を起こすことができるでしょう。

施工管理システムを導入するとどうなる?

未払金や二重支払いのリスクが減る

施工管理システムを導入することで、建設業特有の面倒な経理業務を必要な欄に入力するだけで簡単に管理することができます。また、工事や工種、業者の管理などを仕分けして入力できる他、工事完成基準・工事進行基準などの完成振替が可能です。

その他に、工事別の原価や採算性を把握することができ、工事情報や工事別の予算の管理もできます。更に、工事未払い金や未収入金管理をおこなうことも可能なので、回収忘れのお金や未払いのお金などをしっかりと把握することができるでしょう。

業務効率の向上

工事に関するお金の入力を、施工管理技能者が簡単に入力できる施工管理システム。経理担当の業務もサポートする役目があることから、経理担当は集計作業や伝票を探す手間を省くことができ、工事に関する資料作成の軽減や請求漏れの管理が容易になります。そして、経営者としては工事の利益をすぐに確認することが可能です。

施工管理システムにより社内全員がすぐにデータにアクセスすることができ、会社全体の業務効率が上がることから、結果として経営のバランスは整うと考えられるでしょう。

まとめ

施工管理技能者は、現場の進捗管理や安全・品質管理はもちろんのこと、予算管理も仕事の一つと言えます。そのためにも、経営という意識を持って、予算管理に取り組むようにしましょう。予算管理の時間を割くことが難しい場合や、予算管理に自信がない方は、予算管理をサポートするシステムを導入することをおすすめします。

このサイトでは、建設業の不明瞭会計・どんぶり勘定を解決できる施工管理システムを紹介しています。社員と会社、お互いが喜べるクリーンな働き方を実現したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選