施工管理システムとは?
           
施工管理(工事管理)
システム選びの

3つのポイントとは?

建設業者の未来を見据える施工管理システム導入GUIDE » 施工管理システムにはどんな機能がある? » 顧客管理機能

顧客管理機能

建設業では、顧客管理も大切な業務となります。エクセルなどで管理している企業もあると思いますが、このままエクセルでいいのかと不安に思っているかもしれません。このページでは、顧客管理システムの機能について解説しています。

顧客管理の目的

顧客管理は、その名の通り顧客の名前・連絡先・担当者による日報・訪問履歴などの情報を管理することを差します。

顧客管理をする目的は、ただ顧客の情報を管理するだけではありません。顧客管理の目的として、顧客満足度や継続率の向上を目指し、業務の効率化も図ることが挙げられます。つまり、顧客管理の情報をもとにして、商品やサービスなどの品質の向上や、顧客満足度を上げるための便利なツールとなりうる存在ということです。

顧客管理の際は収集されたそれらの情報から課題や顧客の心情を読み取ることで、会社の方向性を決めたり、品質の向上や顧客満足度を上昇させたりして、利益の拡大やサービスの向上・業務の効率化に繋がるように活用しましょう。

顧客管理の必要性

顧客管理は単なるお客様リストだと思っていませんか?

顧客管理を怠ってしまうと、顧客に関する情報が担当者別に点在し、社内に共有されません。顧客の情報が可視化されないことから、経営者としても営業戦略を立てることが難しくなります。また、営業担当者は会議などの情報をもとにして営業資料を一から作成し直すといった二度手間が発生してしまいます。

きちんと顧客管理をすることで、顧客情報や営業情報が社内で共有されるようになります。そして、顧客管理によって、顧客が起点となる経営が可能となり、利益を生み出すことに繋がるでしょう。

つまり、顧客管理をすることは、顧客との関係を管理するということでもあるのです。

顧客管理の手段

エクセル

顧客管理をする手段として挙げられるのは、まずはエクセルです。ほとんどコストがかからずに簡単に操作・導入できることから、多くの企業が導入しているシステムです。

しかし、エクセルでの顧客管理には、いくつかの問題点があります。まずは、リアルタイムでの情報を確認することが難しいことと、情報が属人化してしまうことが挙げられます。複数人でファイルを共有する場合、誰かが作業をおこなっていると更新が止まってしまいます。

また、複数の同じようなファイルが乱立した場合、どのファイルが最新版なのかがわからなくなってしまうといったデメリットがあります。そして、ファイルを上書きしてしまうことや削除してしまうリスクもあり、簡単にデータが持ち出せることからセキュリティの面でも安全とは言い難いでしょう。

システム導入

先述した通り、エクセルでの顧客管理は注意するべき点がいくつかあります。これらの問題点を解決するのが、施工管理システムの導入です。

また、システムによってもさまざまな機能性があることから、まずは自社の課題や導入の目的を明確にしておきましょう。

導入を検討しているシステムが建設業界向けかどうかも重要なポイントとなります。建設業界では、顧客情報の項目が他の業界と異なる場合があります。建築業界に特化したシステムや汎用性の高いシステムを選ぶことで、建設業特有の事項にも対応可能です。

更に、操作性も大切なポイントです。全社員も使いこなせるよう、操作性も重視しながら比較検討しましょう。その他にも、無料版か有料版か、クラウド型かオンプレミスかといった違いがありますので、企業の特色に合わせて選ぶことをおすすめします。

まとめ

顧客管理は、単なる顧客を管理するだけでなく、顧客満足度の向上を目指したり、業務の効率化を図ったりするための大切な指標となります。顧客管理を怠るのではなく、しっかりと管理することで顧客との関係性も管理することに繋がるでしょう。また、顧客管理システムを導入する際は、導入の目的や解決したい課題を明確にします。そして、システムが建設業向けかどうかや無料・有料、クラウド型・オンプレミス型など、自社の特色に合わせてシステムを選ぶようにしましょう。

このサイトでは、顧客管理をはじめ、様々な機能が網羅された施工管理システムを紹介しています。建設業務に関わる仕事を少しでも効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

80製品以上から選んだ
おすすめの
工事管理(施工管理)
システム3選